動画「シール貼り付け はがしやすさ比較」について

更新日: 技術コラム

この動画ではコーティングをしていないステンレス板(SUS304)と撥液性に優れるコーティング「JCコート P 」を施したステンレス板にシール(タックインデックス)を貼り付け、そのはがしやすさを比較しています。

そもそもなぜシールはくっつくのか?

物と物は接近したときに「分子間力」という力によってくっつきます。しかし、身の周りの物をいくら近づけてもくっつくことはありません。その名の通りお互いが分子レベルで近づくことが必要だからです。分子レベルで見ると物には微細な凹凸があり、分子間力が働く距離まで近づくことができないのです。つまり、物をくっつけるためにはこの凹凸を埋めてあげればよいのです。

例えば、外側が水で濡れたコップに紙をくっつけるとぴったりと貼りつきますよね。これはガラス表面と紙の間の凹凸を水が埋めているからです。でも、すぐズレてしまったり、乾燥してはがれてしまったりと水では不安定です。そこでシールやテープでは、安定して凹凸を埋めるために水ではなく粘りがある粘着剤を使っているのです。

話が脱線しましたが、これでシールがくっつく仕組みはわかりましたね。今回の動画ではJCコート P の効果を強調するためにかなり強く貼り付けています。つまりシールとステンレス板との間の凹凸をできる限り少なくしようとしているのです。その甲斐あってコーティング無しの板からシールをはがすのは、かなり大変でした。最初の角がなかなかはがれず、何テイクか撮りなおしています。基材のステンレス板が歪むほど力が必要で、タックインデックスも真ん中のミシン目から破れてしまいました。

一方、JCコート P を施した板は簡単にはがすことができました。角を少しはがした後は、シールが板の上に乗っているだけというような感覚です。これはJCコート P を施すことによってステンレス板に撥液性が付与されているからです。シールの粘着剤をはじいているので凹凸を埋めることができず、あれほど強く貼り付けたつもりでもシールがくっつかないのです。

粘着性のある製品を取り扱う工程や粘着物吸着ノズルへの適用等にJCコート P を是非お役立てください。

 

動画「接着剤硬化後のはがれやすさを比較」について

更新日: 技術コラム

この動画ではコーティングをしていないステンレス板(SUS304)と撥液性に優れるコーティング「JCコート P」を施したステンレス板に硬化前のエポキシ系接着剤を塗付し、硬化させ、そのはがしやすさを比較しています。

エポキシ系接着剤とは、エポキシ樹脂が含まれる主剤と硬化剤を混合して使用する接着剤です。強力な粘着力を持ち、幅広い用途で使用され、金属の接着にも向いています。

完全に硬化してしまった接着剤は溶剤で拭き取っても取れません。物理的に力を加えるか、長時間溶剤に漬けて柔らかくしてから削ぎ落す方法をとらないといけません。

今回は物理的に力をかける方法を試しています。コーティング無しの板とJCコート P を施した板に接着剤を垂らし、カチカチになるまで硬化させました。その硬化した接着剤を基材と同じ素材のSUS片で削ぎ落してみました。

コーティング無しの板では何度チャレンジしてもびくともしません。(動画には映っていませんが、その後SUS片で削ぎ落すのは諦め、基材の板が変形する位大きく何度も曲げることでやっと取れました。)

一方、JCコート P を施した板では少し力をかけるだけで簡単に削ぎ落すことができました。薄く残った部分も溶剤を使用することなく、ペーパー拭き取りのみでキレイに落ちます。

なぜ簡単に落ちるのか?JCコート P を施した板は弊社の独自工法により撥液機能が付与されています。エポキシ系接着剤も例外ではなく、硬化する際に板の上で接着剤がはじかれた状態で固まっているのです。よって、ほとんど力を入れることなく削ぎ落すことができたのです。ということは、硬化する前のベタベタの状態でもキレイに拭き取ることもできるのです。(詳しくは動画「接着剤ふき取り比較」にて)

接着剤使用工程での汚れ防止・洗浄性向上にJCコート P を是非お役立てください。

 

 

 

 

 

 

動画「接着剤ふき取り比較」について

更新日: 技術コラム

この動画ではコーティングをしていないステンレス板(SUS304)と撥液性に優れるコーティング「JCコート P」を施したステンレス板に硬化前のエポキシ系接着剤を塗付し、その拭き取り性の良さを比較しています。

エポキシ系接着剤とは、エポキシ樹脂が含まれる主剤と硬化剤を混合して使用する接着剤です。強力な粘着力を持ち、幅広い用途で使用され、金属の接着にも向いています。

そんなエポキシ系接着剤をコーティング無しの板に垂らします。拭き取ろうとしても、その粘着力によりどんどん広がっていってしまいます。その間にも硬化は進み、最後まで拭き取ることができなくなってしまいました。完全に硬化してしまったあとでは溶剤で拭き取っても取れません。物理的に力を加えるか、長時間溶剤に漬けて柔らかくしてから削ぎ落す方法をとらないといけません。

一方、JCコート Pを施した板は弊社の独自工法により撥液機能が付与されています。エポキシ系接着剤も例外ではなく、拭き取り時に塗り広がってしまってもそのまま続ければペーパーのみでキレイに拭き取ることができます。仮に硬化してしまっても、板の上で接着剤がはじかれた状態で固まるので簡単に落とすことができます。(詳しくは動画「接着剤硬化後のはがれやすさを比較」にて)

接着剤使用工程での汚れ防止・洗浄性向上にJCコート P を是非お役立てください。

 

 

展示会出展のお知らせ

更新日: 技術コラム

群馬ものづくりフェア 2018に出展致します。


【群馬ものづくりフェア 2018
2018 11/20(),11/21()
10:001630
ビエント高崎 群馬県高崎市問屋町2丁目7番地
ブース「33」
http://www.pref.gunma.jp/06/g16g_00044.html

 

弊社では下記製品を出展致します。

 レーザ加工品
http://jcty.jp/product/laser/

切削加工品
http://jcty.jp/product/cutting/


 メタルマスク(M2品)
http://jcty.jp/product/metal-mask/m2-durable-water-repellent-drumstick-oil/

 

皆様のご来場をお待ちしております。

 

お電話でのお問い合わせ(期間終了まで)
 TEL0274-40-7001 月~金9001700
 藤岡工場営業  佐藤 大輔
  藤岡工場営業  下谷(しもや)慎吾