表面処理とは・・・・

更新日: 技術コラム, 参考資料集

表面処理とは・・・・

表面処理やコーティングを調べると様々な専門用語や処理名が出てきますよね。 その効果についても材料の表面を硬くしたり、美化したり、平らにしたり、サビを防いだりと多種多様です。   表面処理のうち、だれでもなじみがあって思い浮かぶものに「めっき:鍍金:メッキ」があります。外面を繕いきれなくなって、実際の姿が現れてしまうという意味の「めっきがはげる」という慣用句も有名ですが、この「めっき」にも電解めっき・無電解めっき・溶融めっき・蒸着めっき等々・・・色々あって、「めっき」が剥げない様、劣化しない様、めっき屋さんは日々技術革新をしているようです。   それから「塗装」も表面処理のひとつです。 外壁にペンキを塗ったり、スプレーしたり、車のヘコミ修理は板金塗装と言いますよね。 単純なようですが研磨などの下地処理が必要だっだり、以外と工程数が多いようですよ。   電子機器や電子部品の生産工程などで使用するジグ(トレイやパレット)などに、特定の機能を追加付与する場合の表面処理として、「アルマイト処理」というのを良く聞くのではないでしょうか。 アルミの陽極酸化処理を「アルマイト処理」といいますが簡単に言うと、アルミの表面に人工的に酸化皮膜を作って本体を保護する処理になります。 磨耗や腐食や傷などからジグ本体を保護してくれる、便利なアルミ表面処理の代表です。ちなみに1円玉はアルミで出来ていますが、アルマイト処理はされていないようです。   また、工具などに使用される表面処理にDLC(Diamond-Like Carbon)処理がありますね。 金属表面にナノレベルの薄膜をつくる処理技術で、摩擦係数が低く、名称に Diamondを含むことから分かるとおり、硬度が大変高い処理のひとつです。   最後に、表面処理を選択するときの注意として、製品・部品との相性が大事になりますので、表面処理の特徴をよく理解してからお願いするのが良いと思います。 また当然ですがコストも重要ですよね。 過剰品質にならないことにも注意が必要です。それでもどうしても解決したいという問題課題はあるもので、そんな時にはぜひ機能性表面処理 JCコートを調べてみることをお奨めします。
JCコート

クリック

太陽誘電ケミカルテクノロジーのイチ押し表面処理です。 きっと解決の手助けになるはずですよ。

メタルマスクとは

更新日: 技術コラム, 参考資料集

メタルマスクとは

基板を実装する場合に使用する治具の事をメタルマスクと言います。 基板を作製する際にコンデンサーや抵抗などがあり、この部品を基板に付ける事が必要になります。   少し昔の話から・・・ 昔は、商品も大きく基板も部品も大きかった為、基板に部品を付けるのに ハンダこてでハンダ線を溶かして部品の足を基板に固定していました。    

  現代は、製品がコンパクトになっていくと同時に内部の基板も部品も小さくなる事が求められ 基板に部品を固定する方法がハンダこてとハンダ線からペースト状のハンダを印刷する 方法に変化してきました。そのペースト状のハンダを基板に塗布する際に必要となったのが メタルマスクとなります。この塗布方法は版画のようなイメージです。 印刷機と呼ばれるものの中に基板とメタルマスクを置いてスキージと呼ばれるへらのようなもので メタルマスクの穴の中にペーストを流し込み、基板を下にさげます。 そうすると穴の開いた形にペーストが残り、実装機と呼ばれるもので部品をのせると部品の電極と 一致するようになります。その後リフロー炉と呼ばれる炉に基板ごと入れて熱で乾燥させることにより ペースト状のハンダが硬くなり部品が固定されます。 (メタルマスクの呼び名は金属の穴の開いた板なのでメタルマスクとなったと思われます。)  

ハンダ塗布のイメージ

基板の完成イメージ

 

—————————————————————————————————————————————————  

現在は0603チップが主流となっており、実装難易度が格段に上がっています。 メタルマスクも特殊コーティングが必要な時代。 太陽誘電ケミカルテクノロジーのメタルマスク「M2コート」は様々な印刷課題の解決に役立ちます。 課題を抱える皆様、是非お問い合わせ下さいね。  

 

M2コートでの印刷課題の解決例 0402チップ

15枚連続印刷でも形状が安定しています                   

                ↓画像をクリックすると動画ページへ移行します

 

 

JCコート

クリック

 

 

 

2018.12.11更新