動画「量産設備リン酸マンガン処理固着析出防止」について

技術コラム

この動画では、弊社の量産設備に独自の撥水撥油コーティング「JCコート P 」を施しました。一つの治具にコーティング有りとコーティング無しの部分を設け、リン酸マンガン処理を行う中で固着してしまった汚れの洗浄性を比較していきます。

動画に映っているのは、とある製品に表面処理としてリン酸マンガン処理を行うための工程です。見てわかるように、治具や槽などの設備中に析出しやすい処理工程です。今回はこの設備のクリーニングの労務コストや作業性改善を目的に、設備の一部にコーティングを施しました。では比較していきましょう。 

設備から治具を取り外して洗浄していきます。コーティングをした部分は指でこするだけでボロボロと汚れが落ちていきます。ウエスで拭き取ると根こそぎ汚れが取れ、きれいになります。JCコート P  は析出や結晶化し易いリン酸マンガンに対しても効果を発揮します。コーティングをした基材の上ではじかれた状態で、析出しているので固着しないのです。だから少しの力だけで簡単に落とすことができるのです。

一方、コーティングをしていない板の上ではかなり強く固着しています。水をかけてウエスで拭いただけでは全く落ちません。今までこれを落とすためには、クリーニング液に長時間浸けてから研磨材で削ぎ落すという方法をとっていました。このように洗浄に大変な労力が必要でしたが、設備の一部にJCコート を導入することで洗浄手間を大きく省き、労務コスト、洗浄作業性の改善に役立っています。

このように、洗浄メンテナンスに大きな手間がかかっている設備や治具にJCコート P を是非お役立てください。