活用事例Vol.1)コンベアローラの清掃頻度、減らしませんか?

更新日: 技術コラム, 活用事例

コンベアローラの清掃頻度、減らしませんか?


 JCコートの活用事例をご紹介いたします。

 今回は、コンベアローラでの活用方法です。

↓こちらからpdfをダウンロード出来ます。

               


目次


1.ベルトコンベアのローラへの付着による清掃頻度を減らしたい。

2.コーティング処理で付着を抑制 危険な清掃作業頻度を低減。

 3.お取引の流れ

 

1.ベルトコンベアのローラへの付着による清掃頻度を減らしたい。


 

■問題点

 ・ベルトコンベアに設置されたリターンローラやテンションローラに搬送物の

 残りが付着してしまうのが問題点となっていました。

・定期的にラインを停止し、清掃作業が必要となり生産効率に悪影響を及ぼして 

 いました。

・清掃作業時の思わぬ事故による労災発生の危険性も懸念されました。

・ひどい場合では、付着を放置したことによりローラが太り、テンションが

 掛かりすぎてベルトを切ってしまう事もあります。

 

 

 

 

2.コーティング処理で付着を抑制 危険な清掃作業を低減。


■改善事例

・付着が発生するローラにJCコートを処理したところ、

 搬送物の固着が軽減。清掃しやすさも向上しました。

・再付着を防止することにより、品質が安定。

・清掃作業の頻度が減り、生産効率改善が実現。

 危険作業による労災発生の機会も低減することができました。

 

■まとめ

JCコートが持つ撥水撥油機能によって課題であったローラへの付着防止を図り、

生産効率・労働安全性の向上が実現できました。

また、付着や清掃が減るという事は廃棄物の量の減少にもつながります。

設備の効率改善だけでなく、SDGsへの取り組みの一環として、ぜひ

JCコートを有効にご活用してください。

 

 

 


3.お取引の流れ

JCコートは受託コーティングとなります。

お見積り後、パーツを弊社までお送りいただきます。

 

JCコート™に関するお問い合わせ

https://jcty.jp/contact/jc-coat_contact/

太陽誘電ケミカルテクノロジー株式会社 第2工場

〒370-1201 群馬県高崎市倉賀野町2925-3

TEL.027-345-0231

Mail. info-jc@jty.yuden.co.jp

H P . https://jcty.jp/

 

機能性表面処理”JCコート”は、日本における太陽誘電株式会社の登録商標または商標です。
用途に関してはこれまでの実施例であり、用途を限定するものではありません。
ここで紹介している用途例については技術的性質をもつ知財権に抵触しない事を保証/補償するものではありません。